オンサイトとzoom配信のハイブリッド: 2024 年 3 月 9 日(土)

 オンデマンド配信(ワークショップ): 2024 年 3 月2日(土)〜 3 月 31日(日) 

新着情報

参加申し込みをされた方には、3月2日(土)に、参加者専用ホームページのご案内をメールにてお届けする予定です。同時に、本大会のプログラム抄録集のPDFファイルもお届けします(会場に来られる方は、印刷物として配布しますのでプリントアウトのご持参は不要です)。ワークショップ動画は、参加者専用ホームページのご案内の時点で、視聴可能です。

第4回学術大会テーマ

「心理療法統合におけるクライエントの力」

ごあいさつ


 日本心理療法統合学会の第4回学術大会を、京都大学の時計台記念館において開催することになりました。

 時計台記念館は、京都大学のシンボルとして親しまれている歴史ある建築物で、1925(大正14)年に建てられたものです。2003年に改修されましたが、外観や内装は当時のままに残されています。湯川秀樹や西田幾多郎など、日本の学術界が誇る大学者たちも出入りしていたであろうその格調高い空間は、本大会における学びに深みを与え、交流に気品を添えることでしょう。

 今大会のテーマは「心理療法統合におけるクライエントの力」としました。心理療法はその専門家であるセラピストが、専門的な知識と技術を使って、クライエントに対して行うものと考えられがちです。しかし実際には、うまくいっている心理療法は、クライエントが能動的に関与して展開していくものです。数ある心理療法の中には、才気あるクライエントがその基礎を創ったと言えるようなものもあります。心理療法の成立に、創始者自身の苦悩の体験が重要な仕方で寄与している心理療法もあります。心理療法におけるクライエントの力は、実に大きいのです。

 今大会では、このクライエントの力を取り上げ、心理療法の統合においてそれがどのように考えられてきたのか、そしてどのように扱っていくことが望ましいのかを検討する機会としたいと思います。

 新型コロナウィルスの変異や流行は、いまだ予断を許しませんが、皆さんとお目にかかり、交流できることを楽しみにしております。会場にお越しになれない方も、オンラインで参加していただけます。本大会が多くの方のご参加を得て、活発な議論と交流の機会となりますよう、準備して参ります。

日本心理療法統合学会第4回大会

大会長 杉原保史